日本三大稲荷 祐徳稲荷神社

にほんさんだいいなり ゆうとくいなりじんじゃ
鹿島市古枝 「佐賀市内より」JR長崎本線 特急 佐賀駅~肥前鹿島駅(約20分)
日本三大稲荷 祐徳稲荷神社の店舗画像1 日本三大稲荷 祐徳稲荷神社の店舗画像2 日本三大稲荷 祐徳稲荷神社の店舗画像3

日本三大稲荷の一つに数えられ商売繁昌、家運繁栄、大漁満足、交通安全等種々の祈願が絶えない祐徳稲荷神社

基本情報

神社御名称
日本三大稲荷 祐徳稲荷神社
鎮座地
(住所)
〒849-1321
佐賀県鹿島市古枝
アクセス
「佐賀市内より」JR長崎本線 特急 佐賀駅~肥前鹿島駅(約20分)
駐車場
あり (3,000台収容の無料駐車場を完備して、皆様のお越しをお待ちしております。)
電話番号
電話番号を表示 0954-62-2151
公式サイト
https://www.yutokusan.jp/
受付時間
08:3016:30

神社詳細情報

ご由緒
貞享4年(1687年)肥前鹿島藩主鍋島直朝公の夫人花山院萬子媛が、朝廷の勅願所であった稲荷大神の御分霊を勧請された稲荷神社で、衣食住の守護神として国民の間に篤く信仰されております。

日本三大稲荷の一つに数えられ商売繁昌、家運繁栄、大漁満足、交通安全等種々の祈願が絶えず、参拝者は年間300万人に達しています。御本殿、御神楽殿、樓門等総漆塗極彩色の宏壮華麗な偉容は、鎮西日光と称され、観光ルートの上にも一異彩を放っています。
御祭神
・倉稲魂大神(ウガノミタマノオオカミ)
一般に稲荷大神と呼称され、衣食住を司り生活全般の守護神として尊崇されておられます。

・大宮売大神(オオミヤノメノオオカミ)
天宇受売命(アメノウズメノミコト)、天細女命(アメノウズメノミコト)とも称され、天照大神(アマテラスオオミカミ)が天の岩戸(アメノイワト)にお隠れになった時に、その岩戸の前で舞を舞われた神で、技芸上達の神、あるいは福徳円満の神として信仰されます。

・猿田彦大神(サルタヒコノオオカミ)
天孫瓊瓊杵命(テンソンニニギノミコト)が高千穂の峯に天孫降臨をなさった際、その先導役をされた神で、その故事により水先案内の神そして交通安全の神として信仰されます。
ご利益
子授安産 恋愛成就・縁結び 厄払い 金運 健康長寿 病気平癒 交通安全 心願成就 勝負運 商売繁盛 五穀豊穣 芸能上達 家内安全 学業成就 渡航安全 諸願成就
お守り・おみくじ
やっている
御朱印
やっている
供養・
お焚き上げ
やっていない
祈願・お祓い
七五三 成人式 厄除 安産祈願 初宮詣 お宮参り 結婚式 年祝い・長寿祝い 出張祭典(地鎮祭他)
各種初穂料
(ご祈祷料)
併設する施設
日本庭園
祐徳博物館
四季の花暦
バリアフリー
設備
エレベーター 手すり スロープ 階段昇降機 多機能トイレ
続きを表示