高塚熊野神社

たかつかくまのじんじゃ
浜松市南区高塚町4708 JR 高塚駅南口から南進、遠鉄バスご利用の方は「高塚」バス停から大鳥居を潜り北進、共に徒歩4〜5分ほど。
高塚熊野神社の店舗画像1 高塚熊野神社の店舗画像2 高塚熊野神社の店舗画像3

開運みちびきの 大神 高塚熊野神社

基本情報

神社御名称
高塚熊野神社
鎮座地
(住所)
〒432-8065
静岡県浜松市南区高塚町4708
アクセス
JR 高塚駅南口から南進、遠鉄バスご利用の方は「高塚」バス停から大鳥居を潜り北進、共に徒歩4〜5分ほど。
駐車場
あり
電話番号
電話で予約問合わせ 053-448-2288
公式サイト
http://www.takatsukakumano.com/
受付時間
08:3016:00
定休日
年中無休

神社詳細情報

【神社由来】
ある時、神主が「高い丘を作って人々を救え」という不思議な夢を見たので、村人と図って神社の裏山に土をもりあげました。
その後、「安政の大地震」が起こり、津波の為多くの死者が出ましたが、この里の人々はこの丘に避難して難を逃れたと伝えられます。
又一説には、大津波の犠牲者をこの地に葬り沢山の砂を浜から運んで(浜垢離の起源)、
高い墓を築いたと・・・。
大きな(高い)墓(つか)であったので大墓、後に高塚(たかつか)と呼ぶようになり、地名になったと伝えられています。

【別社】
秋葉神社(火之迦具土大神)
天白神社(天白之大神)
八柱神社(天之忍穂耳命・他7柱)
津島神社(素戔嗚尊)
天照皇大神宮(天照大御神・他1柱)
山住神社(大山祇命)
福神社(大国主命・他1柱)

【御神木】
『雲龍椎(うんりゅうしい)』
高塚熊野神社のパワースポット
推定樹齢500年の椎の木で、当熊野神社の歴史をじっと見守ってきたことが考えられます。丁度雲に坐って昇天する竜の面影を留め、骨と皮で神殿を御守りする様相が偲ばれます。平成22年9月1日に御神木として正式に登記され、パワーを戴きに遠方から訪れる参拝者もおられます。
ご由緒
当社は、後三条天皇の延久年間(約940年前)に創建されたと口伝され、紀州和歌山の熊野本宮の神主が、諸国行脚の途中でこの地に足を留めて祭祀したと伝えられ、熊野三社権現と称えられました。
ある時、神主が「高い丘を作って人々を救え」という不思議な夢を見たので、村人と図って神社の裏山に土をもりあげました。
その後、「安政の大地震」が起こり、津波の為多くの死者が出ましたが、この里の人々はこの丘に避難して難を逃れたと伝えられます。又一説には、大津波の犠牲者をこの地に葬り沢山の砂を浜から運んで(浜垢離の起源)、高い墓を築いたと・・・。
大きな(高い)墓(つか)であったので大墓、後に高塚(たかつか)と呼ぶようになり、地名になったと伝えられています。
御祭神
伊佐奈伎命:(いざなぎのみこと) 万物の神様
事解之男命:(ことさかのおのみこと) 悪霊消除の神様
速玉之男命:(はやたまのおのみこと) 諸願成就の神様
ご利益
子授安産 恋愛成就・縁結び 厄払い 金運 健康長寿 病気平癒 交通安全 心願成就 勝負運 商売繁盛 家内安全 学業成就 芸能上達 諸願成就
お守り・おみくじ
やっている
御朱印
やっている
供養・
お焚き上げ
やっていない
祈願・お祓い
七五三 厄除 安産祈願 初宮詣 お宮参り 結婚式 健康・病気平癒 車・交通安全 出張祭典(地鎮祭他) 神葬祭
各種初穂料
(ご祈祷料)
安産祈願: 5,000円 〜
七五三: 3,000円 〜
厄除: 5,000円 〜
御祈祷は5000円〜になります。
バリアフリー
設備
手すり スロープ
続きを表示