信濃國総守護 長野縣護国神社

ながのけんごこくじんじゃ
松本市美須々6−1 JR中央線松本駅からバス「追分」下車 徒歩約1分
信濃國総守護 長野縣護国神社の店舗画像1 信濃國総守護 長野縣護国神社の店舗画像2 信濃國総守護 長野縣護国神社の店舗画像3

人々を見守る、 美須々の社「長野縣護國神社」

基本情報

神社御名称
信濃國総守護 長野縣護国神社
鎮座地
(住所)
〒390-0801
長野県松本市美須々6−1
アクセス
JR中央線松本駅からバス「追分」下車 徒歩約1分
駐車場
あり (約200台(無料))
電話番号
電話番号を表示 0263-36-1377
※お問合わせの際はMy神社を見たとお伝えになるとスムーズです。
公式サイト
https://naganogokoku.jp/
受付時間
09:0017:00

神社詳細情報

長野縣護國神社は、長野県出身の御英霊を奉斎する神社です。約1万坪の広大な敷地内には本殿や社務所だけではなく様々な施設を有し「弓道場」や「結婚式場」は県内外多くの方に利用していただいております。美須々の杜の美しい自然に包まれながら、心静かにお過ごしください。
ご由緒
昭和13年県民の総意によって本件の中央であり旧陸軍歩兵第50連隊に隣接する現在地に仮殿が創建され、同年11月鎮座祭を斎行し、長野県招魂社として鎮座されました。
昭和14年には長野縣護國神社に改称し、内務大臣指定を受け、同17年に現在の御社殿・斎館が竣工されました。
昭和21年神道指令により宗教法人として発足し、昭和32年神社本庁より別表神社に指定されました。
厳しい世情の中、御遺族顕彰のため、歴史を重ねる毎に御遺族を始め崇敬者皆様の格別なる尊い御浄財の御奉賛を賜り、弓道場・美須々会館の建設又、諸設備及び境内の整備を進める尊い周年の記念の事業が、完遂されてまいりました。
平成16年には現在の社務所の新築、参道敷石工事他境内諸整備事業が県内外の崇敬者の温かい御奉賛により竣工されました。
ここに謹んで御神霊に感謝の誠を奉げ、県民奉斎の神社として、その崇高な御神徳を敬仰し、郷土をはじめ祖国日本の永遠の平和と繁栄の御守護を祈念してやみません。
御祭神
長野県出身の明治戊辰の役以来大東亜戦争に殉ぜられた御神霊
創建
昭和13年 11月鎮座祭
ご利益
厄払い 病気平癒 交通安全 商売繁盛
お守り・おみくじ
やっている
御朱印
やっている
供養・
お焚き上げ
やっていない
祈願・お祓い
七五三 厄払い お宮参り 結婚式 車・交通安全
各種初穂料
(ご祈祷料)
併設する施設
・美須々
・弓道場
続きを表示