横浜総鎮守 伊勢山皇大神宮

よこはまそうちんしゅ いせやまこうだいじんじゃ
横浜市西区宮崎町64番地 桜木町駅(JR線・市営地下鉄線)より徒歩10分/日ノ出町駅(京浜急行)より徒歩10分

横浜総鎮守 伊勢山皇大神宮のお祭り・行事

歳旦祭
2021年1月1日〜2021年1月1日
年の始めに、皇室と国民の繁栄、そして農作物の豊作を、皇室の御祖先と天地の神々に祈願するお祭りです。
元始祭
2021年1月1日〜2021年1月3日
皇居の宮中三殿で、皇室の大本と由来を祝い、天皇陛下自ら御奉仕されるお祭りです。諸国の神社も宮中にならい、皇室と国家の安泰を祈願して祭典を執り行います。
昭和天皇遙拝式
2021年1月7日〜2021年1月7日
この日は、昭和天皇が崩御された日です。武藏野陵と皇居の皇霊殿で執り行われる昭和天皇祭にならい、昭和天皇の遺徳をしのび、御陵を遥拝します。
節分祭
2021年2月3日〜2021年2月3日
元々は追儺、鬼やらいと呼ばれ、新年を迎える大晦日の宮中行事でした。それがいつしか、立春の前である二月三日の春を迎える行事となりました。港都横浜に春を呼ぶ恒例行事として、多くの参拝者で賑わい、盛大に豆撒き行事が執り行われます。福授けの年男年女への参加をご希望される方は、社務所までお問い合わせ下さい。
紀元祭
2021年2月11日〜2021年2月11日
皇紀元年一月一日(西暦の紀元前660年二月十一日)に、大和国の橿原宮で、初代天皇の神武天皇がご即位されて、日本が建国されたことをお祝いするお祭りです。現在では、この日を建国記念の日と呼びますが、かつては紀元節と呼ばれていました。
祈年祭
2021年2月17日〜2021年2月17日
「としごいのまつり」とも呼ばれ、その年の五穀豊穣を祈るお祭りです。稲を神聖なものとし、農耕に重きをおいてきた我が国では、古来よりきわめて重要なお祭りとされてきました。
天長祭
2021年2月23日〜2021年2月23日
今上陛下の誕生日をお祝いするお祭りです。天皇陛下のご健康と、その御世が末永く安らかであることを祈念致します。祭典の名称は、天皇陛下の誕生日を、かつて「天長節」とお呼びしたことに由来します。ちなみに皇后陛下の誕生日は「地久節」とお呼びします。
神武天皇遥拝式
2021年4月3日〜2021年4月3日
この日は初代天皇の神武天皇が崩御された日です。神武天皇御陵と皇居の皇霊殿で執り行われる神武天皇祭にならい、神武天皇の遺徳と建国の偉業をしのび、御陵を遥拝します。
大神神社磐座例祭
2021年4月9日〜2021年4月9日
境内社・大神神社の例祭です。ご分霊頂いた奈良県の大神神社の大祭に合わせ、執り行われます。古代の祭祀場を再現した磐座での祭典は、まさに神代の姿を彷彿とさせます。
昭和祭
2021年4月29日〜2021年4月29日
昭和天皇の誕生日であるこの日は、昭和の日として、昭和天皇の遺徳と、激動の昭和の御世をしのぶ日です。神社においても、昭和天皇を顕彰し、皇室と国家の繁栄、世界の平和を祈念して、祭典を執り行います。
宵宮祭・例祭・後宮祭
2021年5月14日〜2021年5月16日
明治三年の旧暦四月十五日に、伊勢山皇大神宮が創建されたことにちなむお祭りです。大神さまのご神威がますます高まり、そのお力の下で、港都横浜が更なる発展を遂げることを祈念します。かつては、横浜市の祝日として、官公庁を始め、学校もお休みとなりました。十五日には厳粛ながらも盛大に祭典を斎行します。