鳩森八幡神社

はとのもりはちまんじんじゃ
渋谷区千駄ヶ谷1-1-24 JR総武線『千駄ヶ谷』下車徒歩5分 、都営大江戸線『国立競技場』下車徒歩5分、東京メトロ副都心線『北参道』下車徒歩5分
鳩森八幡神社の店舗画像1 鳩森八幡神社の店舗画像2 鳩森八幡神社の店舗画像3

初宮詣(お宮参り)・七五三・合格祈願・成人式・結婚式・安産祈願等、各種ご祈祷承っています。

基本情報

神社御名称
鳩森八幡神社
鎮座地
(住所)
〒1510051
東京都渋谷区千駄ヶ谷1-1-24
アクセス
JR総武線『千駄ヶ谷』下車徒歩5分 、都営大江戸線『国立競技場』下車徒歩5分、東京メトロ副都心線『北参道』下車徒歩5分
電話番号
電話番号を表示 03-3401-1284
公式サイト
http://www.hatonomori-shrine.or.jp/
開門時間
00:00〜00:00
受付時間
09:3016:00

神社詳細情報

八幡神社(鳩森八幡神社)は、御祭神に応神天皇・神功皇后をお祀りし、千駄ヶ谷一帯の総鎮守として村民の崇敬を受けた神社です。 境内には都の有形民俗文化財指定の築山富士があり、樹木は区の保存林に指定されています。
ご由緒
『江戸名所図会』によると大昔、此の地の林の中にはめでたいことが起こる前兆の瑞雲(ずいうん)がたびたび現れ、ある日青空より白雲が降りてきたので不思議に思った村人が林の中に入っていくと、突然白鳩が数多、西に向かって飛び去った。この霊瑞(れいずい)に依り 神様が宿る小さな祠(ほこら)を営み鳩森『はとのもり』と名付けた。貞観2年(860年)、慈覚大師(円仁)が関東巡錫の途中、鳩森のご神体を求める村民の強い願いにより、山城国石清水(男山ともいう)八幡宮に宇佐八幡宮を遷座し給うた故事にのっとり、神功皇后・応神天皇の御尊像を作り添えて、正八幡宮とし尊敬し奉ったと伝えられている。
御祭神
応神天皇・神功皇后
創建
貞観2年(860年)
ご利益
子授安産 恋愛成就・縁結び 病気平癒 交通安全 勝負運 商売繁盛 五穀豊穣 学業成就 渡航安全 その他
崇敬会
氏子崇敬会
お守り・おみくじ
やっている
御朱印
やっている
供養・
お焚き上げ
やっていない
祈願・お祓い
七五三 成人式 厄除 安産祈願 初宮詣 お宮参り 結婚式 神葬祭 その他
各種初穂料
(ご祈祷料)
七五三: 10,000円 〜
成人式: 5,000円 〜
厄除: 5,000円 〜
帯祝い10,000円~
文化財・
宝物など
千駄ヶ谷の富士塚(都指定有形民俗文化財)
続きを表示